任意整理の基本的な流れとは

任意整理は、数種類ある債務整理のなかでも比較的手続きが簡単なうえに、効果が大きいため多くの方が利用しています。任意整理の手続きを弁護士に依頼すると、まず弁護士から消費者金融業者などの債権者に対して受任通知が送付されます。これは、債務者からの依頼を受けて債務調査を行うことを通告するもので、受任通知を受け取った債権者は、それ以降債務者に直接、取り立てや督促をすることをやめなくてはなりません。適正な債務額かどうかを確定するまでの間、債務者は債権者に返済する必要もなくなるため、一時的にではありますが、借金返済をストップすることができます。

弁護士は、債権者から取り引き履歴を取り寄せます。その目的は、以前、利息制限法によらず出資法の上限金利を基に高利で貸し付けを行っていた貸し金業者が多くあったことから、利息制限法に照らして引き直し計算を行い、本来支払うべき正当な利率を適用した債務額を算出することです。正規に支払うべき債務額と債務者が支払いが可能となる返済計画を債権者に提案し、債権者の同意が取れれば合意書を作成して、改めて借金返済が開始されます。任意整理を行ったあとの返済期間は一般的に3年~5年ですが、債務者の状況によりそれでも返済が厳しい際には、返済期間をさらに延長してもらえることもあります。


コメントは受け付けていません。