任意整理のメリットとデメリット

任意整理の最大のメリットは、債権者が合意すれば合意後に発生する利息を全額カットすることができるということです。借金返済は元本に関して行えば済むことになるだけでなく、返済期間がどんなに延長されても利息がつくことがありません。このことから、毎月の返済額を大幅に減らすことができるため毎日の生活が圧迫されることもありません。任意整理では、対象とする債権者を選べるというメリットもあります。個人民事再生や自己破産をしてしまうと、保証人付きの借金や車のローンなどがある場合、保証人への督促や車の没収が行われることになる可能性が高くなりますが、任意整理ではそのような借金を対象とせずに別の債権者との間の借金を整理することに活用できるのです。

任意整理では、合意後の利息をカットすることはできても元本そのものを減額することはできません。高額な借金を抱えている人にとっては、任意整理だけでは根本的な解決ができないことがあります。一般的には、300万円を超える借金がある場合には、任意整理よりも個人民事再生をした方がいいといわれているので、目安として覚えておくといいでしょう。任意整理の大きなカギを握っているのは債権者であり、債権者の同意がないことには事が進みません。債権者が利息を含めた借金全額の返済を強く主張する場合には、任意整理では解決できないこともあるため、注意が必要です。


コメントは受け付けていません。