債務整理のなかでも人気の任意整理

自分だけは多重債務者にならないと豪語する方がいますが、多重債務者と呼ばれる人も初めから多くの借金があったわけではありません。給料日前に、冠婚葬祭などのために必要となるまとまったお金が手元にないので、少しの間だけと借りたことから、少額の借金の返済ができずに、借金を返すためにまた借金をしてしまうという繰り返しから、いつの間にか借金で首が回らなくなるという状況に陥る一般の方が多いのです。借入額が膨らみ、利息を支払うだけでも大変になってくると、生活にも大きな支障が出てくるため、債務整理をする必要があるでしょう。債務整理の方法には、究極の方法となる自己破産のほかに、任意整理、特定調停、個人再生の4つの手続きがあります。

債務整理の方法にはそれぞれにメリットやデメリットがあり、借入額や返済状況、収入や資産状況などにより向き、不向きがあるため、自分の状況に合った債務整理を利用したいのであれば、比較的ハードルの低い弁護士の無料相談から始めてみるのがいいでしょう。一刻も早く借金から逃れるために、いきなり自己破産を選択してしまうと後悔することもあるので、弁護士のアドバイスを参考にすることが大切です。債務整理のなかで、最も多くの方が利用している手段に任意整理があります。裁判所などの関与がなく、基本的には債権者と債務者の協議によって、借金の返済方法などを見直すものなので、借金の返済自体は継続されますが、ケースによって返済期間が延長されたり、利息分がカットされて借金総額が少なくなったりするメリットがあります。


コメントは受け付けていません。