任意整理に向いている人

任意整理では、借金元本を減額することができないため、比較的少額の借金で困っている方に向いています。ただ、古くからの借金がある方は、手続きを進めていくなかで過払い金が発生していることがわかることも多く、過払い金返還請求により、大きく借金を減らすことが可能です。また、他の債務整理の手続きと比較すると比較的簡単に短い期間でできるため、なるべく簡単に借金問題を解決したいという人にはおすすめです。提出が必要となる書類が少なく会社勤めの方が家族の給与明細書などを準備することがないこと、裁判所に出頭する必要がないこと、などから家族に秘密にして債務整理をしたいという方にも向いています。

手続きが比較的簡単な債務整理の手段である任意整理ですが、債務者本人が一人で進めるとなるとさまざまな困難があります。特に、裁判所が介入しない債権者との対峙の場に1人で臨むことになるため、条件交渉をしても百戦錬磨の貸し金業者に太刀打ちできずに、相手に有利な条件で和解が成立し、後々考えてみると非常に損な取り引きになってしまうということもあるのです。債務整理をするなら、知識や経験が豊富な弁護士に相談してすすめるのが一番いいでしょう。弁護士費用を支払ってもそれ以上のメリットが多いと言えます。

参考HP【アディーレ:借金返済相談】

任意整理のメリットとデメリット

任意整理の最大のメリットは、債権者が合意すれば合意後に発生する利息を全額カットすることができるということです。借金返済は元本に関して行えば済むことになるだけでなく、返済期間がどんなに延長されても利息がつくことがありません。このことから、毎月の返済額を大幅に減らすことができるため毎日の生活が圧迫されることもありません。任意整理では、対象とする債権者を選べるというメリットもあります。個人民事再生や自己破産をしてしまうと、保証人付きの借金や車のローンなどがある場合、保証人への督促や車の没収が行われることになる可能性が高くなりますが、任意整理ではそのような借金を対象とせずに別の債権者との間の借金を整理することに活用できるのです。

任意整理では、合意後の利息をカットすることはできても元本そのものを減額することはできません。高額な借金を抱えている人にとっては、任意整理だけでは根本的な解決ができないことがあります。一般的には、300万円を超える借金がある場合には、任意整理よりも個人民事再生をした方がいいといわれているので、目安として覚えておくといいでしょう。任意整理の大きなカギを握っているのは債権者であり、債権者の同意がないことには事が進みません。債権者が利息を含めた借金全額の返済を強く主張する場合には、任意整理では解決できないこともあるため、注意が必要です。

任意整理の基本的な流れとは

任意整理は、数種類ある債務整理のなかでも比較的手続きが簡単なうえに、効果が大きいため多くの方が利用しています。任意整理の手続きを弁護士に依頼すると、まず弁護士から消費者金融業者などの債権者に対して受任通知が送付されます。これは、債務者からの依頼を受けて債務調査を行うことを通告するもので、受任通知を受け取った債権者は、それ以降債務者に直接、取り立てや督促をすることをやめなくてはなりません。適正な債務額かどうかを確定するまでの間、債務者は債権者に返済する必要もなくなるため、一時的にではありますが、借金返済をストップすることができます。

弁護士は、債権者から取り引き履歴を取り寄せます。その目的は、以前、利息制限法によらず出資法の上限金利を基に高利で貸し付けを行っていた貸し金業者が多くあったことから、利息制限法に照らして引き直し計算を行い、本来支払うべき正当な利率を適用した債務額を算出することです。正規に支払うべき債務額と債務者が支払いが可能となる返済計画を債権者に提案し、債権者の同意が取れれば合意書を作成して、改めて借金返済が開始されます。任意整理を行ったあとの返済期間は一般的に3年~5年ですが、債務者の状況によりそれでも返済が厳しい際には、返済期間をさらに延長してもらえることもあります。

債務整理のなかでも人気の任意整理

自分だけは多重債務者にならないと豪語する方がいますが、多重債務者と呼ばれる人も初めから多くの借金があったわけではありません。給料日前に、冠婚葬祭などのために必要となるまとまったお金が手元にないので、少しの間だけと借りたことから、少額の借金の返済ができずに、借金を返すためにまた借金をしてしまうという繰り返しから、いつの間にか借金で首が回らなくなるという状況に陥る一般の方が多いのです。借入額が膨らみ、利息を支払うだけでも大変になってくると、生活にも大きな支障が出てくるため、債務整理をする必要があるでしょう。債務整理の方法には、究極の方法となる自己破産のほかに、任意整理、特定調停、個人再生の4つの手続きがあります。

債務整理の方法にはそれぞれにメリットやデメリットがあり、借入額や返済状況、収入や資産状況などにより向き、不向きがあるため、自分の状況に合った債務整理を利用したいのであれば、比較的ハードルの低い弁護士の無料相談から始めてみるのがいいでしょう。一刻も早く借金から逃れるために、いきなり自己破産を選択してしまうと後悔することもあるので、弁護士のアドバイスを参考にすることが大切です。債務整理のなかで、最も多くの方が利用している手段に任意整理があります。裁判所などの関与がなく、基本的には債権者と債務者の協議によって、借金の返済方法などを見直すものなので、借金の返済自体は継続されますが、ケースによって返済期間が延長されたり、利息分がカットされて借金総額が少なくなったりするメリットがあります。